メイン画像

著作権は法で守られており

著作権は法で守られており、著作権を侵した場合は、犯罪となってしまいます。
無断で使用し、複製などをした時には10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金という刑が定められています。個人ではなく、法人単位で行った場合にはその法人にも罰金が与えられるのです。
一目見てそっくりな商品を作成して自己開発品だと言い張っても、著作権できっちりと保護されているので、勝てない上に、当たり前に罰金刑となります。
こんな風にしっかりと保障されているのです。

様々な物に何らかの著作権が存在するので、違法コピーをして悪質な利益を得たら、創作者が保障されるべきものを反するという事です。
簡単に違法コピーしてしまえることが深刻な争点なのです。
真実は利潤を出すことが不可能ではないのに、反則をされて損益が発生してしまう事になってしまうのです。不正コピーする側は、無料、または格安で手に入れられて、利益を不正に得る事が簡単になってしまっているのです。
こんな風に悪業が絶滅しない限り、開発する側が何もしてくれなくなってしまう事もあるでしょう。

ゲームの世界の違法コピーは数多いサイトでいまだに可能なのです。
正しい値段でゲームのソフトを買わず、サイトから不正コピーして、正規発売日直後に無料で新たなゲームを手にすることが可能なのは驚きです。
ゲームの不正ダウンロードを可能にする専用アイテムが存在するのですが、それは法に触れます。こうしている今もやれてしまうので、こんな手段で不正をされると、開発者に損失が出て、皆が行うと、ゲーム界は衰退してしまうことでしょう。